まちづくりニュース
 まちづくりニュース

加古川市とBANーBANネットワークスらが情報通信技術を活用したまちづくりで連携

新着ニュース30件






























加古川市とBANーBANネットワークスらが情報通信技術を活用したまちづくりで連携

このエントリーをはてなブックマークに追加




加古川市、BANーBANネットワークス株式会社および阪神ケーブルエンジニアリング株式会社は、地域BWAを活用したまちづくりに関する協定を締結した。
まちづくり

加古川市計画の地域BWAを活用した事業展開を
BANーBANネットワークスは、2017年3月に地域BWAの無線局免許を近畿総合通信局から交付を受け、加古川市の河川監視カメラ映像提供のバックアップ回線、河川情報システムのデータ通信回線など、地域BWAを活用した通信サービスを提供している。

阪神ケーブルエンジニアリングは、2015年に地域BWAセンターを開設し、BANーBANネットワークスをはじめ国内55社が同センターを利用して、地域BWAサービスを提供している。

今後、加古川市が計画している地域BWAを活用した次の事業の実施に向けて、協働で取り組んでいく。

地域BWA(Broadband Wireless Access:広帯域移動無線アクセス)は、携帯電話(LTE)と同等の通信速度を有する高速無線通信の一種であり、通信事業者が、市町村の区域ごとに総務省から免許を得たうえで基地局を整備し、通信サービスの提供に利用することができるもの。

携帯電話と同等の通信品質に加え、地域ごとのニーズに対応できるネットワーク設計の自由度の高さと、柔軟な通信サービスを提供できることを強みとしている。       (慶尾六郎)

Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • 千葉県山武市が映像を使った新しい形の“町おこし”(7月4日)
  • オンラインイベント「Beyond Coronavirus(ビヨンド コロナウィルス)を見据えた福岡の可能性」開催(6月24日)
  • 愛知県豊橋市が同市と協業し新ビジネスを創出するスタートアップ企業を全国から募集(6月19日)
  • 滋賀県米原市とふるさとチョイスがふるさと納税を活用した新型コロナウイルス感染症対策事業支援へ(6月12日)
  • 食の街・ニシタチの灯りを守れ!宮崎市が初のガバメントクラウドファンディングを実施(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ