まちづくりニュース

まちづくりニュース

新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社ペンシル

ゲーミフィケーション活用で社員の生産性やモチベーションが向上、ペンシルが社内実験結果を発表
2024年2月27日 株式会社ペンシル
Yahoo!ブックマーク  Flog del.icio.us newsing livedoorClip Buzzurl Googleブックマーク はてなブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシル)は、生成AIの台頭などにより「働き方」が変化する中、ゲーミフィケーション活用によって業務をより創造的・効率的にするための社内実験を行い、その成果を発表しました。ゲーミフィケーションを取り入れることが、業務促進、精神的作業負荷の軽減とモチベーションの向上に繋がることがわかりました。

ゲーミフィケーション研究の背景

生成AIの台頭により、働き方そのものが変化しつつあります。
このような変化の兆しの中で、企業は新たな文化や習慣、業務の導入が求められます。
しかしながら、「新しいコト」の導入は往々にして浸透しない、反発が起きてしまうのが常です。そんな中、ゲームは例外です。ゲームでは常に「新しいコト」が求められ、人間が「ついついやってしまう」ものです。

そんなゲームの要素、ゲーミフィケーションを活用することで、これからの時代における「働き方の新たなスタンダード」を構築することができるのではないかと考え、ペンシルはゲーミフィケーションの実験を開始しました。


導入した実験的ゲーミフィケーションツール

添付図①のように、ゲーム感覚でプロジェクトのタスクと進捗を管理できるツールを自社作成し、社内でテストを実施しました。PC画面の右側にゴール期限までの一人ひとりのタスクとその進捗、心理状況を可視化することができるようになっています。

添付図②の通り、実験は4段階に分けて実施しました。
徐々にゲーミフィケーション要素を追加していくことで、ツールの使用率やモチベーションにどのような変化が起こるかを記録しました。

生まれた2つの成果

①ゲーミフィケーションによる業務促進の可能性
ツール使用率の推移は添付図③の通りとなりました。
今回実験に使用したツールにおいて、ユーザーが実際に行うのは、自分が実行したタスク