まちづくりニュース

まちづくりニュース

新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 山根 圭太

『触り心地で選ぶハンコ【in-press】』のクラウドファンディングがスタート!
2020年9月18日 山根 圭太
Yahoo!ブックマーク  Flog del.icio.us newsing livedoorClip Buzzurl Googleブックマーク はてなブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

【in-press】は触り心地が特徴のハンコです。
27種類のパラメトリカルな形状は高精細3Dプリンターで作られます。
特別な瞬間に指先に気持ちを込めて使うもの。だからこそ、心に最も近い感覚である「触感」で選んでほしいのです。脱ハンコ社会だからこそ、これからハンコはもっと特別なシーンでこそ使われるようになるはずです。クラウドファンディングでありながら、サンプルを郵送して実際に触って選ぶ体験をお届けします。


京都工芸繊維大学大学院デザイン学専攻に所属する山根圭太は2020年9月18日(金)13時より、「触り心地で選ぶハンコ【in-press】」のプロジェクトをクラウドファンディングサイトのMakuakeにて開始します。


<脱ハンコ社会に、あえてハンコをつくる>
流れ作業でハンコを押す、形式だけのハンコ文化はいりません。
これからハンコはもっと特別なシーンでこそ使われるものになるはずです。

【in-press】は触り心地が特徴のハンコです。
27種類のパラメトリカルな形状は高精細3Dプリンターで作られます。
特別な瞬間に指先に気持ちを込めて使うもの。だからこそ、心に最も近い感覚である「触感」で選んでほしいのです。

<3つの特徴>
1.ハンコは自分自身を表す道具。あなただけの触感で選ぶハンコが誕生。

2.触感の研究で生まれた27種の形状を、実際に触って選べます。

3.高精細3Dプリンターで成形。印面は手書き文字などもOK!

<触感で選ぶという体験>
雑貨屋などをめぐるとき、気になったものに触れてみて印象が左右されることはありませんか。私たちは知っています、触感が大切な判断材料だと言うことを。
それならば、触り心地メインで選ぶ体験があってもいいのではないでしょうか。
ハンコは手で触れて使うもの。だからこそ、手の感覚で選ぶ。

<触感の研究から生まれたハンコ>
本プロジェクトの実行者が卒業論文として「触感と表面形状の関係性」を研究し、その実験の過程で生まれたのがこの【in-press】です。見るだけの条件で低評価のハンコが、触ってみると高評価なることも続出し、改めて「触感」の大切さが明らかになりました。

<手書き文字やイラストもOK!>
印面は文字だけ指定した「おまかせ」も可能ですし、自分の筆跡やイラストなどでハンコを作ることも可能です。

<贈り物としても>
お子さんの卒業や門出に、一人前の印として。あるいは結婚して名前が変わる友達へ、娘さんへ、奥さんへ。
単にあげて、あるいはもらって終わりの贈り物ではなく「一緒に選ぶ体験付き」です。
同時に自分のハンコも作り変えてもいいかもしれません。
相棒を選ぶつもりで、一つ一つ確かめてみてください。

なおクラウドファンディング期間は11/16まで。お届けは21年2月を予定しています。

・本プロジェクトのURL:https://www.makuake.com/project/in_press/
・【in-press】サイズ:φ12×60 (mm)
・リターン価格:「超早割」4,400円(税込)〜


<プロジェクト実行者について>
山根圭太と申します。現在、京都工芸繊維大学でデザインを学ぶ大学院生です。
全ての人が100%を出せる世界を目指して、モノやサービスなどを問わず「体験」をベースとしたデザインに励んでいます。このハンコ【in-press】を通して多くの人に「触れる」ことの価値に気づいてもらいたいですし、意思決定の際に、心地よく気持ちを込めて押せる ようなハンコを届けられたらと思っています。

Tel:080-6344-9081
Mail:keita1074@gmail.com
事業内容:プロダクトデザイン / UXデザイン等


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10
特集
お問い合わせ