まちづくりニュース
 まちづくりニュース

熊本県立大学といわらぼが島暮らし体験プログラムを共同開発

新着ニュース30件






























熊本県立大学といわらぼが島暮らし体験プログラムを共同開発

このエントリーをはてなブックマークに追加




地域づくり団体・維和島振興協議会(いわらぼ)は、熊本県天草諸島の北部に位置する維和島の魅力を掘り起こし観光を促進する取り組みの一つとして、熊本県立大学の学生と共同で島暮らし体験プログラムの開発ワークショップを8月19日(水)に行った。

そして、ワークショップで提案されたプログラムの実証実験を学生と共に、11月7日(土)、8日(日)に開催する。
農業も漁業も盛んな自然の恵み溢れる島を活性化
維和島は、天草四郎誕生の地や車海老の養殖発祥の地として知られるだけでなく、農業も漁業も盛んな自然の恵み溢れる島である。

しかしながら、島民の数や島外から訪れる人の数が年々減少し、空き家問題や地元産業の弱体化などの課題を抱えている。

それらの課題解決を目指し、「海のみえる しまぐらし」をテーマに、2019年5月に代表 星野を中心とした地域づくり団体「いわらぼ」が誕生した。

まちづくり

2019年12月に上天草市と熊本県立大学が地域資産の活用や人材育成を目的に締結した包括協定の一環となる取り組みで、ワークショップには学生15名(2つのゼミ)が参加した。
漁船上での海釣りやみかん収穫体験など
島暮らし体験をテーマに、漁船上での海釣りやみかん収穫体験など複数のアイデアが開発され、それらが実際に体験プログラムとして機能するかを今回の実証実験で検証していく。

“1泊二日の維和島観光”として設定し、学生といわらぼスタッフが「サービス提供者」と「観光者」となりフィードバックを出し合い、最終的にプログラムとして完成させる。

それらは今後、いわらぼの観光プログラムの中に組み込んでいくことで島に訪れた人々に提供していく予定。また、将来的には学生が島の観光促進に関わることができる体制づくりなども視野に入れている。              

維和島振興協議会(通称「いわらぼ」)HP:
https://iwalab.info/

(慶尾六郎)


Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • スマートバリュー、港都 神戸に新たなにぎわいを生む大規模多目的アリーナ新設計画を発表(4月11日)
  • 福島県磐梯町がブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨を発行(4月4日)
  • 東急、地域共助のプラットフォームサービスアプリ「common」を開始(3月31日)
  • 実践型・自転車まちづくりガイド養成スクール「grav bicycle school(グラバイスクール)」開校!(3月20日)
  • 練馬区初、サイクルツアー石神井公園編のクラウドファンディング開始(3月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ