まちづくりニュース
 まちづくりニュース

名古屋の堀川沿いが舞台の現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ」開催!

新着ニュース30件






























名古屋の堀川沿いが舞台の現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ」開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加




なごや日本博事業実行委員会は、「ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ」を3月12日(金)より開催する。ついては以下の通り、参加アーティストとロゴを発表する。

まちづくり

名古屋城から熱田の堀川沿いを舞台に開催する新たな現代アート
「ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ」は、名古屋台地、熱田台地の縁(へり)となる、名古屋城から熱田の堀川沿いを舞台に開催する新たな現代アート、メディア・アートのイベント。

愛知県で唯一「令和2年度 日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業」( https://japanculturalexpo.bunka.go.jp/ )に採択された事業である。

名古屋台地と熱田台地のへりには、文化資源や観光資源がたくさんある。名古屋城から納屋橋を経て宮の渡し、さらには名古屋港まで。これらの資源をひと続きに結んでいるのが堀川の流れstreamである。

この流れに現代アートが光をあて、名古屋の歴史・文化遺産 heritage をリアルタイムに再生streamingする。それがストリーミング・ヘリテージの試み。

国内の著名アーティストによるインスタレーション、識者を招いて行うシンポジウム、最先端技術を用いたパフォーマンスを通し、歴史と現在をインタラクトさせ、名古屋独自の文化芸術の魅力を世界に向けて発信する。それにより、社会経済活動再活性化へのきっかけにつながることを目指す。

[開催概要]
|イベント名| ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ
|会期| 3月12日(金)〜3月28日(日)*期間中の金土日に開催。
|鑑賞時間| 11:00〜20:00 *屋外の映像作品はサウンドインスタレーションに加えて日暮れとともに映像が立ち上がる。
|観覧料金| 無料(名古屋城入場料、乗船料は別途)
|会場| 名古屋城エリア、納屋橋エリア、熱田・宮の渡しエリア
|主催| なごや日本博事業実行委員会

         (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • スマートバリュー、港都 神戸に新たなにぎわいを生む大規模多目的アリーナ新設計画を発表(4月11日)
  • 福島県磐梯町がブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨を発行(4月4日)
  • 東急、地域共助のプラットフォームサービスアプリ「common」を開始(3月31日)
  • 実践型・自転車まちづくりガイド養成スクール「grav bicycle school(グラバイスクール)」開校!(3月20日)
  • 練馬区初、サイクルツアー石神井公園編のクラウドファンディング開始(3月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ