まちづくりニュース
 まちづくりニュース

山口県とNTT西日本が「ローカル5Gを活用した社会課題解決に関する連携協定」を締結

新着ニュース30件






























山口県とNTT西日本が「ローカル5Gを活用した社会課題解決に関する連携協定」を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加




山口県と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、社会課題を解決する手段としてローカル5Gを活用した取組を促進していくため、4月23日(木)に連携協定を締結した。
まちづくり

「ローカル5G」を活用した取組を促進
少子高齢化に伴う労働人口の減少や多発する自然災害への備え、社会インフラ維持など、いま地域はさまざまな社会課題に直面している。

その解決手段の1つとして、地域・産業のニーズに応じて自治体や企業が自らの建物や敷地内で5Gネットワークを独自に構築できる「ローカル5G」の注目が高まっている。

山口県も、Society5.0時代を見据え、人手不足や生産性向上等の課題解決に向けた新事業の創出など、産業振興や生活の質の向上等に関する様々な分野で、5GやAI/IoT等の未来技術の活用を推進している。

一方、NTT西日本は、社会の環境変化がもたらす様々な課題に対し、ICTの力で解決をしていく「ソーシャル ICTパイオニア」をめざして、地域の活性化等の取組を支援しており、ローカル5Gを活用した社会課題解決について検討を開始している。
ローカル5Gを活用して山口県の様々な社会課題解決を図る
このような背景のもと、山口県とNTT西日本は、「ローカル5G」を活用した取組を促進することによる社会課題の解決を目的に、今回の連携協定を締結することとなった。

この連携は、相互に協力し、ローカル5Gを活用して、山口県内の社会課題解決に寄与することを目的とし、以下の事項について連携協力する。

(1) ローカル5Gの活用事例の創出に関すること
(2) ローカル5Gの普及促進に関すること
(3) その他連携項目の推進に関すること

今後は、山口県内の自治体や製造業などの企業とともに、ローカル5Gの実証実験を通してその有用性を検証し、利活用方法を検討する。

それにより得られた成果を、山口県経済の持続的な成長・発展に向けて展開し、ローカル5Gを活用して山口県の様々な社会課題解決を図っていく方針。         (慶尾六郎)








Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • 千葉県山武市が映像を使った新しい形の“町おこし”(7月4日)
  • オンラインイベント「Beyond Coronavirus(ビヨンド コロナウィルス)を見据えた福岡の可能性」開催(6月24日)
  • 愛知県豊橋市が同市と協業し新ビジネスを創出するスタートアップ企業を全国から募集(6月19日)
  • 滋賀県米原市とふるさとチョイスがふるさと納税を活用した新型コロナウイルス感染症対策事業支援へ(6月12日)
  • 食の街・ニシタチの灯りを守れ!宮崎市が初のガバメントクラウドファンディングを実施(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ