まちづくりニュース
 まちづくりニュース

千葉大生が発案の長柄町の特産品「ながらとガラナ いろはにほへと」が完成

新着ニュース30件






























千葉大生が発案の長柄町の特産品「ながらとガラナ いろはにほへと」が完成

このエントリーをはてなブックマークに追加




千葉大学と千葉県長柄町(ながらまち)は、特産飲料水「ながらとガラナ いろはにほへと」を町内3事業者と共同開発し、2月1日から町のPRを目的として配布を開始した。
まちづくり

長柄町の史跡長柄横穴群発見の壁画から着想を得たデザイン
千葉大学と長柄町は、2015年度から文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」による連携協定を結び、共同でまちづくりを展開している。

この事業は2019年1月から千葉大学と長柄町が中心となり、町内に本社・事業所のあるジャパンフーズ、ナリヅカコーポレーション、リソル生命の森と、長柄町で活動する千葉大学生らを含めたワーキングチームをつくり、企画・検討をおこなってきた。

千葉県の中房総に位置する千葉県長柄町(人口6,880人)は長期的な人口減少と、昨年の台風15号の停電および台風21号に関連する大雨災害によって甚大な被害を受けており、本事業をきっかけに町の知名度アップにつなげ、町の振興・復興につなげたいと考えているという。

今回、千葉大学と長柄町は、町内に本社・事業所を置くジャパンフーズ株式会社、株式会社ナリヅカコーポレーション、リソル生命の森株式会社と共同で、長柄町の新しい特産飲料「ながらとガラナ いろはにほへと」を開発・製造した。

パッケージは千葉大学の学生がデザイン。長柄町の史跡である長柄横穴群で発見された壁画から着想を得た。

今回生産した6万本は、2020年2月から長柄町のPRを目的として、町や大学が主催するイベント等で無償配布する。販路の検討をおこない、2021年4月以降に商品として販売を予定している。

「ながらとガラナ いろはにほへと」は、「スッキリとした喉ごし」と「ガラナ特有の風味」を特徴とした炭酸飲料で、町や大学が主催するイベント、都内での移住フェアなどで配布される。 (慶尾六郎)

Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • フェリシモと三重県伊賀市が「地域おこし企業人交流プログラム」で連携(5月22日)
  • 加古川市とBANーBANネットワークスらが情報通信技術を活用したまちづくりで連携(5月13日)
  • ふるさと納税サイト「ふるなび」が広島県大竹市の大竹駅改築プロジェクトへの寄附受付を開始(5月9日)
  • 宮崎県新富町の地域おこし協力隊がメキシコ料理の手作りキットを開発(5月2日)
  • 山口県とNTT西日本が「ローカル5Gを活用した社会課題解決に関する連携協定」を締結(4月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ