まちづくりニュース
 まちづくりニュース

北海道下川町で起業型地域おこし協力隊「シモカワベアーズ」を募集開始!

新着ニュース30件






























北海道下川町で起業型地域おこし協力隊「シモカワベアーズ」を募集開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加




2018年に長年の町の取り組みが評価され、国からSDGs未来都市に選定された北海道の下川町では、SDGsの17個のゴールをもとに同年、下川町独自のまちづくりの指標となる「2030年における下川町のありたい姿 ~人と自然を未来へ繋ぐ『しもかわチャレンジ』~」を設定した。
まちづくり

起業を目指す人を対象に募集
北海道下川町にて第3期目となる、ローカルベンチャー「シモカワベアーズ」2019年度採用の募集を開始する。町内企業の経営幹部人材や後継者、また「地域おこし協力隊制度」を利用して起業を目指す人を対象に募集する。

「シモカワベアーズ」とは、“好き”を仕事にしている人や“自分で選んで”ワーク・ライフ・リンクを実践する町内の人々──その共同体を指す。

今回は、その「シモカワベアーズ」の生き方・暮らし方に共感し、町内の事業の継承者や右腕となる人材を全国から1名募集する。

2017年から募集を開始し、第1期はエゾシカの利活用を事業化するべく1名が、2018年は「DIYの事業を立ち上げたい」と第2期のベアーズが集まってきた。
町面積の9割が森林で占められている下川町の課題解決へ
下川町は、町面積の9割が森林で占められている約3,300人が暮らす小さな町である。

北北海道に位置し、夏は30度近くまで上がり、冬はマイナス30度まで下がる。

また、下川町の産業の現状として、人口減少による担い手不足や、事業者の高齢化、後継者不足の課題を抱えているという。

それでも下川町では、ここ数年で人口動態における社会動態はプラスに転じ始めている。

移住者の中には、暮らしと仕事を切り離さず、ゆるやかに繋がり、相互に効果を生んでいる下川町らしい暮らし「ワーク・ライフ・リンク」を実践し、下川町の暮らしを楽しんでいる人たちもいるという。                (慶尾六郎)



Amazon.co.jp : まちづくり に関連する商品



  • パーソルプロセス&テクノロジーが神石高原町ドローンコンソーシアム設立(10月5日)
  • 佐賀県みやき町がスマホアプリで「みやき町こども食堂」化プロジェクト開始(9月19日)
  • 大阪府の泉北ニュータウン 晴美台B団地で地域の健康長寿をめざすイベント『まちかど保健室』初開催(9月12日)
  • 奈良市が10年後のまちの姿をみんなで考える「わたし×マチ2030」を開催(9月7日)
  • シェア電動キックボードサービス 「WIND」首都圏最大級の街づくりプロジェクト内で試乗体験会を開始(8月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    特集
    お問い合わせ